ARTIST PROFILE

1280px-Gaudi,_Australian_tour_2017_(Rain

GAUDI
 (from U.K)


一昨年千葉富津岬にて2000人以上の動員を記録したRe:birth Fesでの初来日ギグで大ブレイク!オーディエンスのハートをわしずかみにし、大きな話題を集めたコトも記憶に新しいGAUDI。すでに海外のフェスで彼のプレイを体験した日本人達のクチコミも絶大な支持を得ている彼の音楽は、レゲエ、ダブの影響を色濃く受けながらも、あらゆる電子音楽のエッセンスを凝縮したサイケデリックな唯一無二の世界観を展開。膨大なレコード・コレクションを駆使して、ワールド・ミュージックのエッセンスを雑食的にミックスしたユニークなトラックを作り続けている。イタリアで生まれ、80年代初頭より30年以上にわたりメインストリームとアンダーグラウンドを行き来しながらジャンルの壁を越えて活動し、現在はイギリスを拠点に、クラシック音楽家の MASSIMO MUNZIとのコラボレートや、リアリティ音楽オーディション番組「XFACTOR」イタリア版にレギュラー出演するなど多方面で活躍している。これまで14枚のソロアルバムと100枚以上のコンピレーションに参加し、250曲以上をリリース。徹底的に音質にこだわった彼の音作りは、テクノやトランス界はもとより、ジャンルを超えて、ジャズやワールド・ミュージックなどのリスナーからも評価が高い。最新作「IN BETWEEN TIMES」では、LEE “SCRATCH” PERRY や、RAJA RAM、MICHAEL ROSE (BLACK UHURU)、THE ORB などの豪華なゲストを迎え、ジャンルを超えた色鮮やかな作品となっている。生楽器やアナログ機材を駆使したGAUDIの奇想天外なライブは、彼の表現活動の真骨頂だ。テルミンやムーグ、ヴォコーダー、電子ドラム、エフェクター、ダブサイレンなど多彩な楽器をプレイし、更にMCのDANNY LADWAの直接的なメッセージをアナログ機材の演奏にライブミックスしていく。そのパフォーマンスは一度として同じものはないユニークなもので、常に進化し、予測不可能だ。ポルトガルのBOOM FESTIVALをはじめ、イギリスのGLASTONBURY、ハンガリーのOZORA、オーストラリアのRAINBOW SERPENT、アメリカのBURNING MANなど、これまでこの星で最も素晴らしいと評されるフェスを巡り歩き、その音を通して、常に愛と平和を説きづつけている。

GAUDI (from U.K)

wrench_edited.jpg

1992年結成。
94年1stミニアルバムをZK Recordsよりリリース。
以来ZK Records,Victor Entertainment,avex traxより8枚のフルアルバムをリリース。その他ライブアルバム、リミックスアルバム、スプリットなど数々の音源をリリースしている。
活動初期からジャンルを越えたDJとのコラボレーションなども多く、ラウドミュージック・シーンの枠を切り開き、日本の音楽 シーンの中でも独自のサウンドを築く唯一無二の存在として熱い支持を集めている。
オルタナティブでエレクトロな“現場(ライブ)主義”サウンドはジャンルの壁を取り払い、 ダンスミュージックも飲み込み巨大なエネルギーとなって、更なるレベルへと進化/深化した近未来のロックを響かせている。
今尚国内外の数々のフェス等の出演やアーティストとの共演を重ね、その雑食性であらゆる ジャンルを喰らい尽くす、現在進行形の個性派集団!!!
2019年3月20日(水)に前作「nitro」からオリジナルフルアルバムとして12年振りとなる「weak」をcutting edgeからリリースする!

 

WRENCH

ubartmar_edited.jpg

日本が誇るサイケデリック変態系テクノエレクトロニックトランスアーティスト。

97 年 UBARTMAR として 1st「 FUSION 」発表以来 6 枚のアルバムをリリース、国内の主なビッグパーティはもちろん世界各国のパーティに参加 。サイケデリックな音楽性と音響感を探求し、エレクトロニックを使い倒す鬼才として世界的な評価も高い。

2010 年から毎年イスラエルのビッグパーティ Hasamba および Psiroshiva にメインアクトとして呼ばれ、 LIVE は毎回とんでもない盛り上がりをみせる。

2012年 6月、7年ぶりに7thアルバム「無限宇宙大全」を発表。
唯一無比のサウンドにしてサイケデリックトランスの王道を追求、過去現在未来そして異界への trip を詰め込んだ驚異の3枚組仕様が話題となった。

UBAR TMAR

INFO-HABANA_edited.jpg

日本が誇るサイケデリック変態系テクノエレクトロニックトランスアーティスト。

97 年 UBARTMAR として 1st「 FUSION 」発表以来 6 枚のアルバムをリリース、国内の主なビッグパーティはもちろん世界各国のパーティに参加 。サイケデリックな音楽性と音響感を探求し、エレクトロニックを使い倒す鬼才として世界的な評価も高い。

2010 年から毎年イスラエルのビッグパーティ Hasamba および Psiroshiva にメインアクトとして呼ばれ、 LIVE は毎回とんでもない盛り上がりをみせる。

2012年 6月、7年ぶりに7thアルバム「無限宇宙大全」を発表。
唯一無比のサウンドにしてサイケデリックトランスの王道を追求、過去現在未来そして異界への trip を詰め込んだ驚異の3枚組仕様が話題となった。

HABANA

kudo_edited.jpg

日本が誇るサイケデリック変態系テクノエレクトロニックトランスアーティスト。

97 年 UBARTMAR として 1st「 FUSION 」発表以来 6 枚のアルバムをリリース、国内の主なビッグパーティはもちろん世界各国のパーティに参加 。サイケデリックな音楽性と音響感を探求し、エレクトロニックを使い倒す鬼才として世界的な評価も高い。

2010 年から毎年イスラエルのビッグパーティ Hasamba および Psiroshiva にメインアクトとして呼ばれ、 LIVE は毎回とんでもない盛り上がりをみせる。

2012年 6月、7年ぶりに7thアルバム「無限宇宙大全」を発表。
唯一無比のサウンドにしてサイケデリックトランスの王道を追求、過去現在未来そして異界への trip を詰め込んだ驚異の3枚組仕様が話題となった。

ARTMAN aka K.U.D.O.

MASA-2019.jpg

日本が誇るサイケデリック変態系テクノエレクトロニックトランスアーティスト。

97 年 UBARTMAR として 1st「 FUSION 」発表以来 6 枚のアルバムをリリース、国内の主なビッグパーティはもちろん世界各国のパーティに参加 。サイケデリックな音楽性と音響感を探求し、エレクトロニックを使い倒す鬼才として世界的な評価も高い。

2010 年から毎年イスラエルのビッグパーティ Hasamba および Psiroshiva にメインアクトとして呼ばれ、 LIVE は毎回とんでもない盛り上がりをみせる。

2012年 6月、7年ぶりに7thアルバム「無限宇宙大全」を発表。
唯一無比のサウンドにしてサイケデリックトランスの王道を追求、過去現在未来そして異界への trip を詰め込んだ驚異の3枚組仕様が話題となった。

MASA

Ree.KL_.jpg

日本が誇るサイケデリック変態系テクノエレクトロニックトランスアーティスト。

97 年 UBARTMAR として 1st「 FUSION 」発表以来 6 枚のアルバムをリリース、国内の主なビッグパーティはもちろん世界各国のパーティに参加 。サイケデリックな音楽性と音響感を探求し、エレクトロニックを使い倒す鬼才として世界的な評価も高い。

2010 年から毎年イスラエルのビッグパーティ Hasamba および Psiroshiva にメインアクトとして呼ばれ、 LIVE は毎回とんでもない盛り上がりをみせる。

2012年 6月、7年ぶりに7thアルバム「無限宇宙大全」を発表。
唯一無比のサウンドにしてサイケデリックトランスの王道を追求、過去現在未来そして異界への trip を詰め込んだ驚異の3枚組仕様が話題となった。

REE.K

 
 
 
 
 
 
 
1280px-Gaudi,_Australian_tour_2017_(Rain

GAUDI
 (from U.K)


一昨年千葉富津岬にて2000人以上の動員を記録したRe:birth Fesでの初来日ギグで大ブレイク!オーディエンスのハートをわしずかみにし、大きな話題を集めたコトも記憶に新しいGAUDI。すでに海外のフェスで彼のプレイを体験した日本人達のクチコミも絶大な支持を得ている彼の音楽は、レゲエ、ダブの影響を色濃く受けながらも、あらゆる電子音楽のエッセンスを凝縮したサイケデリックな唯一無二の世界観を展開。膨大なレコード・コレクションを駆使して、ワールド・ミュージックのエッセンスを雑食的にミックスしたユニークなトラックを作り続けている。イタリアで生まれ、80年代初頭より30年以上にわたりメインストリームとアンダーグラウンドを行き来しながらジャンルの壁を越えて活動し、現在はイギリスを拠点に、クラシック音楽家の MASSIMO MUNZIとのコラボレートや、リアリティ音楽オーディション番組「XFACTOR」イタリア版にレギュラー出演するなど多方面で活躍している。これまで14枚のソロアルバムと100枚以上のコンピレーションに参加し、250曲以上をリリース。徹底的に音質にこだわった彼の音作りは、テクノやトランス界はもとより、ジャンルを超えて、ジャズやワールド・ミュージックなどのリスナーからも評価が高い。最新作「IN BETWEEN TIMES」では、LEE “SCRATCH” PERRY や、RAJA RAM、MICHAEL ROSE (BLACK UHURU)、THE ORB などの豪華なゲストを迎え、ジャンルを超えた色鮮やかな作品となっている。生楽器やアナログ機材を駆使したGAUDIの奇想天外なライブは、彼の表現活動の真骨頂だ。テルミンやムーグ、ヴォコーダー、電子ドラム、エフェクター、ダブサイレンなど多彩な楽器をプレイし、更にMCのDANNY LADWAの直接的なメッセージをアナログ機材の演奏にライブミックスしていく。そのパフォーマンスは一度として同じものはないユニークなもので、常に進化し、予測不可能だ。ポルトガルのBOOM FESTIVALをはじめ、イギリスのGLASTONBURY、ハンガリーのOZORA、オーストラリアのRAINBOW SERPENT、アメリカのBURNING MANなど、これまでこの星で最も素晴らしいと評されるフェスを巡り歩き、その音を通して、常に愛と平和を説きづつけている。

GAUDI (from U.K)

wrench_edited.jpg

1992年結成。
94年1stミニアルバムをZK Recordsよりリリース。
以来ZK Records,Victor Entertainment,avex traxより8枚のフルアルバムをリリース。その他ライブアルバム、リミックスアルバム、スプリットなど数々の音源をリリースしている。
活動初期からジャンルを越えたDJとのコラボレーションなども多く、ラウドミュージック・シーンの枠を切り開き、日本の音楽 シーンの中でも独自のサウンドを築く唯一無二の存在として熱い支持を集めている。
オルタナティブでエレクトロな“現場(ライブ)主義”サウンドはジャンルの壁を取り払い、 ダンスミュージックも飲み込み巨大なエネルギーとなって、更なるレベルへと進化/深化した近未来のロックを響かせている。
今尚国内外の数々のフェス等の出演やアーティストとの共演を重ね、その雑食性であらゆる ジャンルを喰らい尽くす、現在進行形の個性派集団!!!
2019年3月20日(水)に前作「nitro」からオリジナルフルアルバムとして12年振りとなる「weak」をcutting edgeからリリースする!

 

WRENCH

ubartmar_edited.jpg

日本が誇るサイケデリック変態系テクノエレクトロニックトランスアーティスト。

97 年 UBARTMAR として 1st「 FUSION 」発表以来 6 枚のアルバムをリリース、国内の主なビッグパーティはもちろん世界各国のパーティに参加 。サイケデリックな音楽性と音響感を探求し、エレクトロニックを使い倒す鬼才として世界的な評価も高い。

2010 年から毎年イスラエルのビッグパーティ Hasamba および Psiroshiva にメインアクトとして呼ばれ、 LIVE は毎回とんでもない盛り上がりをみせる。

2012年 6月、7年ぶりに7thアルバム「無限宇宙大全」を発表。
唯一無比のサウンドにしてサイケデリックトランスの王道を追求、過去現在未来そして異界への trip を詰め込んだ驚異の3枚組仕様が話題となった。

UBAR TMAR

INFO-HABANA_edited.jpg

2009年に福岡で結成された民族系トランス・ロック・バンド。2010年より本格的な活動を始め、ロックやトランスをベースにシタールやディジュリドゥ、ジャンベといった民族楽器を取り入れたダンス・ミュージックを展開。和笠を被り円陣を組みながら演奏する独特なパフォーマンスとともに、福岡を中心に話題を集める。2013年11月に1stアルバム『WE ARE NEVER INFLUENCED』をリリース。その後も各地のフェス、レイヴ、ライヴハウスなどに出演し、精力的な活動を展開している。

HABANA

kudo_edited.jpg

80年代後期から90年代前半に渡り、DJ K.U.D.O.名義で国内におけるテクノミュージックシーンのパイオニア的な役割を果たし、昨年DJ40周年を迎え現在も第一線で活躍するDJ・プロデューサー。日本のトランス・テクノ・シー ンの起源となるCaveの “trance night” やY ellowの”A.R.T.”、”Zero”などで多くの伝説的パーティを創りあげここでの体験に大きなインスパイアを受けたDJ達も数多い。 そして「アート・コア + フリー・スピリ ッツ」の意味を持つARTMANに改名後、 ジャンルを超えた音楽をプレイするよう になり、 RAINBOW2000、春風、渚音楽祭を始めとする数々の大規模イベントで活 躍。ま た、プロデューサーとしても、オリジナル・ミュージックをEast Edge、TDK Records、F-Communications (仏)、Chillscape、Kin Sound Recordings、Solstice Musicなどからリリースして きた。00年アンビエント・アルバム『ARTMAN / RE: SORT』は今も尚語り継がれている名作。 03年には、自身のレーベル Qooki Recordsを立ち上げ、研ぎ澄まされた独自の感覚 と経験に裏打ちされた極上のエレクトロニック・ミュージックを日々提供し続けて いる。そして本年度待望のニューアルバムを製作中。

ARTMAN aka K.U.D.O.

MASA-2019.jpg

常に意識の先へ、音楽の持つ力を信じ、 紡ぎ出す時空を超えた世界は言葉を越える。 宇宙と共鳴するパルスコミュニケーションを軸に、音による意識の変容を追求中。 80年代前半ノイズ/インダストリアルバンドを結成、新宿ロフト、渋谷屋根裏など 都内ライブハウスで活動を開始。 90年代初頭、DjHAMASEと『X-TRON』結成。 95年『T.T.T. Records』設立、国内外のレーベルから数々のリリースを重ねる。 96年ソロアルバム『Just Inside』をリリース。 97年『SpaceGathering』発足、98年『KINOCOSMO』誕生。 2002年レーベル『HYPNODISK』を始動。 06年春、テクノロジーと音響心理学を巧みに操作した フルアルバム『Why?』をリリース。 13年『Vortex』上陸。 チルアウト、アンビエント、エクスペリメンタルサウンドを 中心としたレーベル『Antennna528』を2015年スタート。 2015年11月90年代初頭からの代表曲や秘蔵のLIVE&UnReleased Traxを含む 2枚組み3rdAlbum『Son ov a Seed』をリリース。

MASA

Ree.KL_.jpg

1992年、DJとして活動を開始。
音で魂をくつがえし、宇宙をつくる音のシャーマン。音による意識の変革、ビートによる世界の修復を目ざす。特定の音楽のジャンル(genre)には属さない。むしろジャンルを問うことが無駄になるような場、様々な表現や意匠がやってきては、また差し引かれる穴のような、ジャンルが生成する場(generic)を響かせ、醸しだす。

優しく、つらぬく。
受け入れ、破る。
横断し、たばねる。
駆り立てて、誘う。
尖っては、抱きしめる。
挑んで、慈しむ。
際に臨み、へりを癒す。
和をつむぎ、ことなりをはじく。
壊して、つなぐ。
廻って、潜る。
世界を与える、自尊を奪う。
そして…宇宙に返す、宇宙に還る。

REE.K

funky_edited.jpg

1980年代より、オルタナティブロックバンドでヴォーカル兼ギタリストとして活躍。 1998年、FUNKY GONGとしてのキャリアをスタート、FUJI ROCK FESをはじめとする国内FESやPARTYに数多く出演。アジアを中心にNYCやLondon等、海外での活動も精力的に行う。音楽性としてはTrance/Techno/RockをジャンルレスにMIXすることによる新しいPsychedelic Dance Musicの表現を目指す。また、DJTSUYOSHIとの18年に及ぶJOUJOUKA名義での活動や、GuitarとDJを同時に演奏するLIVE SETなど、その革新的表現は幅広い層の支持を集めている。

2010年4月、待望の1st Album “BLOW”をリリース。全国20箇所以上に及ぶツアーを展開し、各地に旋風を巻き起こした。Remix workも積極的に行っており、近年ではIboga RecordsよりリリースされたAce Ventra,Symbolicの楽曲”Prime Time Joujouka Remix”や、Perfect Stranger,Captain Hookの楽曲”Perfect Hook Joujouka Remix”などを発表した。また、イギリスのギタリストでGong/System7で名高いSteve Hillegeとのコラボレーションも多岐にわたり、Funky Gongの楽曲のSystem7 Remixも発表しており、また、”Funky Gong”というタイトルの楽曲が2011年リリースの彼等のアルバム”UP”に関連楽曲ということで収録された。2015年11月には、待望の2nd Album “Beyond The Light” をリリース。2016年は多数のRemix Workを行いながら、UBAR-TMARことTakeshi Isogaiと”MTL”を結成。

また教育者としてDJスクール”IDPS”の主任講師としてDJ/プロデューサーの育成に努める等、精力的に活動中。

FUNKY GONG

バケツドラマーMASA-728x485_edited.jpg

1988.4生まれ。神奈川県出身

バケツや廃材などの身近な物でドラムセットを組み上げ、水道管に使われる塩ビパイプをディジュリドゥにして音を奏でるアーティスト。
世界的にバケツドラムのパフォーマンスの認知度も上がりパフォーマーも増えている中、一際異彩を放つサウンドを鳴らし国内外から注目を集めている。
バケツドラムを叩きながら同時に口でディジュリドゥを演奏する姿に思わず目を奪われるが、そこから奏でられる廃材とは思えないサイケデリックなトランスやテクノ、ドラムンベースやメタル、ハードコアを彷彿とさせるサウンドに誰もが驚愕し虜になる。
活動は、オーストラリアのメルボルンの路上から始まる。今ではクラブやライブハウス、野外フェス、レイブなどの音楽の現場から学校や福祉施設などの音楽のイメージの無い現場まで、アンダーグラウンドからオーバーグランドまで様々なステージで人々を魅了している。MASAの音楽はボーダレスにフロアーをロックし、老若男女や国籍を超える架け橋となっている。

そして心と体、人と人、小宇宙と大宇宙、様々な世界がMASAの音を媒介に繋がっていく。
一度聴くと病みつきになる唯一無二のサウンドを、是非体感してもらいたい。

バケツドラマーMASA

DJ DOPPELGENGER.jpg

レーベルGURUZ主宰。
国内外でのDJ/LIVE活動を行い、数々のリリースを手掛けている。
2012年1st Full Album [paradigm shift]をリリース。全国ツアー全19箇所。
2014年4月、2nd Album『Accept』をリリース。全国ツアー全24箇所。
また、これまでにアメリカ(ニューヨーク、バーニングマンフェスティバス)、インド、タイ、ベルギーと海外での公演を敢行。
2014年よりイベント「ASYLUM」を始動する。東京を拠点に大阪、名古屋、姫路、金沢、名古屋、沖縄、神奈川など全国各地での開催を展開中。
2016年、ドラマー武田充貴とのユニット「THEUS」を始動。同年7月に1st Full Albumリリースし、全23箇所の全国ツアーを敢行する。
また、2016年よりアート活動も始動、これまでに3度の個展や幾つかのグループ展にも参加。シルクスクリーンを用いて全国各地様々なスペースでライブシルクスクリーンアート、またライブコラージュアートを表現している。

DJ DOPPELGENGER

DO SHOCK BOOZE.jpeg

LIVE ACT、DJ、レーベルオーナー、"YOICHI HAYASHI"の変名音楽プロジェクト『ドウショクブツ』。エスニック・トライバルサウンドを軸にテクノ・プログレッシブハウス~サイケデリックまで幅広くセレクトし、フロアをコントロールしていくスタイルを得意としている。DO SHOCK BOOZEは90年代後半からロック~エレクトロ・バンド等で活動し、音楽性の幅を広げていった。グローバルな視点を求めて渡欧した後、独自のサウンドを探求するため、楽曲制作に没頭。これまでに、ドイツの名門Traum SchallplattenやResopal Schallware、Snork Enterprises、スペインのBeatfreak Recordings、ロンドンのBaroque Records、Capital Heaven、イタリアのFrequenza Record、ベルギーのBonzai Progressiveなどのレーベルにライセンスされ、ダンスミュージック・ストア「Beatport」のヒットチャートやStaff picks、Hype Chartにコンスタントにランクインし、海外の音楽メディア等で取り上げられている。また、Chris Liebing, RAMPUE, Andrea Oliva, Peter Kirn,Ken Ishii,OSCAR Lなどのトップアーティストのプレイにも使用され、サポートを受けている。2013年には自身のレーベル、TOTEM TRAXXから発表した12インチレコードが好セールスを記録、ドイツの音楽雑誌 De:Bugなどから多くの評価を集めた。2016年、自らのボーカルや生楽器、電子音をフィーチャーしたオリジナルアルバム『MODERNIAN』を発表。2017年にはベルリンの老舗レーベル、Resopal Schallwareから12インチEPのリリース、JUZU a.k.a. MOOCHY等、国内アーティストとのコラボレーション作品も積極的に発表。レーベルの音楽、アートワーク、ヴィジュアルなどTOTEM TRAXXのクリエィティヴを監修し、ブランディングを構築中。Guest Dj Mixでは、TOTEM TRAXX公式のポッドキャスト“TOTEMIX”を軸に、Proton Radio、Insomnia.fm、Framed.fm、Kiss.fm(AUS) 、Kollektiv K(Fukushima Pref.)、Balance.FMなど多数のラジオ局からONAIR。2018年からは自身の楽曲を中心に自然界との繋がりを意識したサンプリング音、オーガニックなシーケンスを直感的に投入するLIVE ACTとしての活動もスタート。また、ノースポンサー、完全D.I.Yでありながらも、海外DJを含む豪華ラインナップで開催されるアウトドアパーティ〈GLOBAL ARK〉を主宰、レジデントチームに参加。Doushokubutsuの使命は、トレンドやスタイルに縛られることなく、民族音楽の本質とプログレッシブサウンドの耽美さを失わないテクノミュージックを提示することである。現在、自身がレジデントと企画を担当するエクスペリメンタル・パーティーシリーズ<MEiYOU>を新たにスタート、鋭意進行中である。

DO SHOCK BOOZE

14202503_1096227013807580_76710531981669

 DJ Doppelgengerによるプログラミング&ダブ処理に加え、武田充貴による鋭いドラムアタックにより、脳天を上下左右から揺さぶるハードコアダブサウンド、THEUS(ゼウス)

THEUS

 
 
 
 
 

© 2019 by VOLCANO ASO 2019 実行委員会

VOLCANO ASO

2019.10.11-13